牧師あいさつ

牧師あいさつ

 はじめまして。いのちの泉聖書教会牧師の青木信太郎です。
 私は両親が牧師をしている家庭に長男として生まれました。幼少期は岐阜県岐阜市で、中学・高校生時代は東京都墨田区で育ちました。牧師の家庭に生まれ育つということはとても特殊です。常に私の傍には聖書があり、物心ついた頃には自分で祈ることが出来、毎週欠かさず教会学校や礼拝に通いました。この天地万物を創造された神様について、そして私の内にある罪を赦すために神のひとり子イエス・キリストが十字架に掛かり、そして復活されたこと。それゆえに永遠のいのちが約束されていることを私は常に知っていました。しかし私はこのような生い立ちと育った環境を、素直に喜べませんでした。なぜならば何か束縛を感じていたからです。牧師の家庭に生まれたばかりに、教会に行かねばならない、聖書を読まねばならない、キリストを信じなければならない、、、。両親に束縛され、教会に束縛され、神に束縛されていると感じていたのです。私は神を信じているのではなく、神について聞かされているだけの者だったのです。
 高校1年生のクリスマスに洗礼を受けましたが、それは今思い返せば、神について聞かされて、知っているから、そろそろ信じると告白しようと言う程度であったように思います。高校3年生の夏、ある聖書のことばに出会ったとき、私は大きな衝撃を受けました。「あなたがたは世界の光です。山の上にある町は隠れることができません。また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。」 あかりをつけて、それを枡の下に隠す人なんていない。そんなバカな無意味なことをするなんて、、、いや、これは自分のことだ!神について、イエス様についてずっと聞いて知っていたけれども、いつもそれを自分の心の奥底に隠してきた。できるだけそれを表に出さないようにと隠し続けてきた自分に気付かされました。イエス・キリストを恥ずかしい、できるだけ表に出さず隠そうとしたことは、実は信じているのではなく、信じた振りをしていただけだったのだと思えたのです。そして自然に、神様ごめんなさいという悔い改めの祈りをしていました。と同時に、この光を燭台の上において家の中を照らしたい、イエス様を伝えたいという決心に至り、高校卒業後、二つの神学校で学んだ後に、牧師としてこれまで歩んできました。
 教会とは、罪人の集まりであるとよく言われます。その通りです。他人との比較ではなく、まことの神様の前に自分自身がどうしようもなく汚れた罪人であると気付かなければ、神様の愛に気付くことはできないでしょう。今、あなたの悩み、苦しみ、悲しみは何ですか? もし、自分自身のどうすることもできない罪に悩み、悲しみ、苦しんでおられるならば、ぜひ教会にお越しください。教会の門戸はあなたのために開かれています。 罪とか言われても分からないけど、神の愛って何?そんなあなたにも教会の門戸は開かれています。聖書は読んでみたい!もちろんそんなあなたに教会の門戸は開かれています。
ぜひ一度、いのちの泉聖書教会にお越しください。心より歓迎いたします! 

牧師プロフィール

青木 信太郎
(あおき しんたろう)

・1973年12月生まれ。東京都出身。
・1989年、墨田教会にて洗礼を受ける。
・東京基督教大学(TCU)神学部国際キリスト教学科卒。
・東京基督神学校(TCTS)卒。
・2001年4月~2008年7月 愛媛めぐみ教会牧師。
・10年間の休職期間を経て、2018年10月に復職。
・2019年4月 いのちの泉聖書教会牧師に就任。
・賛美グループ「LYRE」のメンバー。
・趣味はスポーツTV鑑賞。特にサッカー日本代表。温泉も好き。

タイトルとURLをコピーしました